TOP  ACTIVITY  現在の活動  SHERRY班  

現在の活動





SHERRY班

SHERRY班とは



Q1そもそもSHERRYとは?

名前SHERRY班
創設2011年2月22日
構成員2回生7人 1回生5人
班長たまちゃん
A1 SHERRYとは、’Share & Reuse’からつくられた造語で、日常生活の中でまだ使えるものをコミュニティの中で再利用(Reuse)して、共有(Share)していくことを軸に、「リユースシステムを構築することで、より多くの人を環境活動に巻き込む」活動をしています。環境活動というと、なにか少し無理をする、我慢をする、というイメージがありませんか?しかし、私たちが構築しようとしているリユースシステムの理想的な姿として、そのような無理・ 我慢をなくし、「不要になったものを提供する人」にとってもハッピーであり、また「それを次に利用する人」にとってもハッピーである、皆にとってハッピーかつ持続可能なシステムというものを描いています。
 モノを「所有すること」から「使うこと」へ価値を見出してほしいという想いから、Reuseだけではなく、あえてShareを活動の軸に入れているのもこの班の特徴です。 今後も、より多くの人を活動に巻き込めるよう、私たち自身も楽しみながら、コミュニティに溶け込んだ活動を展開していきます。

Q2なぜReuseなのか?-マクロの視点から-

A2 私たちが多様な種類のある環境活動の中で、なぜ ’Reuse’ を選んだのか、まず明確にしておく必要があるでしょう。Reuseというのはご存知のとおり、廃棄物問題に対する環境活動の3R(Reduce、Reuse、Recycle)の2番目の活動として取り組まれているものです。世界では人口増加に伴い廃棄物量も年々増加してきましたが、一般廃棄物も産業廃棄物も発生量は1990年以来横這いとなり、また特に産業の分野では最終処理場に回るものは大幅に減少し、資源の循環利用率は1990年で約7.5%、2005年で12.2%とかなり向上していると言われています。
 しかし未だに廃棄物の発生量自体はほとんど変わらず、『Reduceが思うように進んでいない』ということ、そして先ほど徐々に向上していると述べた『資源循環利用率のReuseの占める割合はたったの1%にも満たない』という現状があるということが問題となっています。これはつまりRecycleが99%を占めるということですが、RecycleのほうがReuseに比べて再資源化して新たに製品を作るためにかかる分の環境負荷が大きいということを考えると、可能性があるのならもっとReuseを推進していくべきだと考えています。

Q3なぜReuseなのか?-ミクロの視点から-

A3

 Q2ではReuseに関する世界的な現状から理由を述べましたが、実際に私たちが活動しているのはもっと単純な理由で、「もったいない」という想いです。街中のコンビニエンスストアでは来店客が忘れた雨傘が大量に放置され、それらを店の裏に保管しているところが数多くあり傘は貯まる一方ですが、その中にはまだ使用できるものが沢山あります。また、私たちにとって身近な大学生活の例を出しますと、教科書の中には片手で数えられるほどしか使用していないのに、時間が経過したら不要となり捨ててしまうものもあります。自転車の中にも、まだ使用できるのにも関わらず、遠くに引っ越すことを理由に放置され、処分されるものが何十台、何百台とあります。
 私たちは、リユースシステムを構築することで人と人とを繋ぎ、「まだ使用できるもの」に新しく利用価値を与えることで、環境問題解決に貢献していきたいと思っています。

活動内容

 現在私たちは大阪大学豊中キャンパス内で主に活動を行っています。ここでは私たちが現在最も力を入れている3つの活動、「教科書」、「傘」、「自転車」のReuse活動についてご紹介します。

自転車「GETCHA」2013年10月~

 大阪大学では以前より、放置自転車の問題が認識されています。毎年数百台の放置自転車が発生し、それが撤去されそのまま廃棄処分されている現状にあります。しかし、中にはまだ使える自転車もあり、それが捨てられている現状に私たちは問題意識を抱きました。
そこで私たちは放置自転車を減らすために、不要になった自転車を回収、修理し必要としている阪大生に提供するシステムを作るべく活動しています。

教科書Reuse2014年1月~


 学期末に回収BOXを設置して学生が使わなくなった教科書を回収し、新学期開始後にその教科書を必要とする人に利用してもらえるように提供する活動をしています。2013年度後期には、阪大生の皆様のご協力により100冊以上の教科書を回収し、約70冊を提供することができました。
 また、2014年度後期には、さらに多くの方にこの活動を知っていただけるようカードを作成し配布しました。より多くの教科書をReuseできるように努力を重ねています。
 

傘Reuse2013年12月~

 SHERRY班の活動の原点でもあるのが、この共用傘企画です。ここで使用しているビニール傘は豊中キャンパス付近のコンビニエンスストア数店にご協力をいただき、一定期間以上保管された忘れ物の中で使用できるものを頂いております。急に雨が降ってきたときに学内で利用してもらうため、豊中キャンパス内の数カ所に写真のような傘立てを設置しました。また、学生に何回も繰り返し利用してもらうために盗難防止として傘にカラフルな装飾を施しました。
現在、傘が返却されないなどの問題が発生したため傘は設置していませんが、企画を見直して活動を再開する準備を行っております。

これまでの活動

チョークde絵の具2011年12月11日

 まちかね祭のGECSのワークショップスペースにおいて、来場者の方と一緒に、チョークを利用した絵の具を作り、1つの作品を作り上げました。阪大内で、小さくなってもう使用されていない色んな色のチョークを集めてきて、それを砕いて水性絵の具を作りました。様々な世代の方に「もったいないもの」から芸術作品を作り上げるという、小さな環境活動を体験していたくことができ、また素敵な作品ができあがりました。

共用傘テスト運用2011年12月~2012年1月

 豊中キャンパスで共用傘のテスト運用を行ないました。結果は盗難防止など課題が大いに残る結果でしたが、感想を聞くとかなり好評だったようです。現在の共用傘企画、多様なReuse活動につながる原点の活動です。


キショい傘2011年11月

 まちかね祭のGECSのカフェにおいて、「阪大にあったらいいな」「自分が出来る環境活動」を短冊に書いてもらい傘にくくりつけて、「短冊がいっぱい垂れ下がったキショい傘を作ろう!」という企画を実行しました。結果は大成功で、アイデアの種をたくさんいただきました。皆さん協力ありがとうございました。