TOP  ecocon特設ページ  



NEWS!



第12回全国大学生環境活動コンテスト



2年連続グランプリ環境大臣賞受賞!










    ecoconとは?   

     持続可能な社会をはじめとしたより良い社会の実現を目指すため、 また大学生の環境活動の活性化のため、環境に関心のある全国の大学生が1年に1度集まり発表・交流・学習する場で、 大学生の活動発表を民間企業・学識経験者・行政・学生が多角的に評価します。

McK班 グランプリ・環境大臣賞を受賞

     GECSのMcK(まちをきれいに)班は、学生ならではの行動力で地元商店街を中心にごみのポイ捨て状況等を調査、 データ収集・分析し、行政等と協議を重ね対策を取ることで街の美化を実現しました。 具体的には、たばこのポイ捨ての本数を「朝・昼・夜」毎日調査したり、商店街をエリアごとに区分し、 どのような場所にポイ捨てが多いかを調査しました。
    「捨てにくい環境作り」をすることで、ポイ捨てが減り、そしてまちの美化へつながるよう、データを基に1つ1つ対策を考え実行に移しました。 McK班はその対策の効果測定まできちんと行い、根本的な問題解決を目指し活動しています。
    企業・行政では取り組むことが難しい「学生」だからこそできる取り組みであるとともに、 地域に根ざし地域社会に貢献している点が高く評価されました。
    これからも、地域のために、地域に根ざした活動を、さまざまなかたと協働して取り組んでいきます!
    [McK班紹介ページ]

環境教育班 初出場での入賞

     GECSの環境教育班は、『次世代の環境意識の創出』という理念のもと、『未来へ続く環境教育の輪』を創出すべく 様々な活動を行っている様子を発表しました。「子供が好きだから」「子供と一緒に環境のことを考えたい」という GECSの環境教育班ならではの取り組みが評価され、今回入賞することができました。
     環境教育班は、体験し考える環境教育を目指しこれからも楽しく活動を行っていきます。

    [環境教育班紹介ページ]

川清掃チーム 予選惜敗

     川清掃チームは、GECSの一大イベントである「箕面川清掃」について発表しました。今年は年2回の開催となり、また、「AQUA SOCIAL FES!!~箕面川図鑑をつくろう~」を《産官学協働(GECS×大阪トヨタ×大阪府)》で開催したことを発表し、今年度は一味違う質の高いイベントとなったことを紹介しました。
     グループ予選では、「1回生が成長し今後の活動で活躍できる団体であること」「企業や行政を企画段階から巻き込んで、本当の協働体制を作り上げたこと」などを高く評価していただきました。
     惜しくも決勝進出にはなりませんでしたが審査委員の方や他団体の方から高い評価をいただき、来年度も更なる発展を目指し頑張っていきます。